町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 無料 ネタバレ

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ネタバレをエロく詳しくご紹介していきますね^^

漫画『町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~』の完全ネタバレ

MASAKI/サークルかたくり子さんが描く『町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~』は、

ある町に戸建てを買って引っ越してきた若い夫婦の奥さんが主人公で、

物語はその町内会の歓迎会に出席することから始まります。

 

読んだ感想をひと言で表現すると、

「奥さん押しに弱すぎエロ♡」

「この町に引っ越して来たい!」

ですね。

では早速、町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~のネタバレを紹介していきます。

▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~を全話ネタバレ

それでは町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~を最新話までネタバレしていきますね。

まずは登場人物をご紹介します。

岡野紗代

町内会には逆らえないの主人公:岡野紗代
  • 町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~の主人公
  • 今年の春に結婚したばかりの専業主婦
  • 町内会の性処理係を命じられる
  • 巨乳で敏感
  • 周りに流されやすい
  • 性の経験は浅い

岡野康雄

  • 紗代の夫
  • マイホームを30年ローンで建てて正白町に引っ越してきた
  • 仕事が忙しい
  • お酒が弱い
  • ムスコの大きさはそうでもない(紗代談)

正白町内会の男たち

  • 紗代を町内性処理係に任命
  • 町内会長を中心に様々な性交渉を仕掛けてくる
  • セックスの技術が高い
  • 紗代をどんどん開発していく

 

「夫に一途な性の経験が浅い奥さんが、町内性処理係の経験で自分の秘密が暴かれていく」

無料立ち読みしたくなったセンス抜群のあなたのために、無料立ち読みを用意しています。
下の画像をタップして漫画の雰囲気を味わってくださいね。

▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 1話

今年の春、岡野紗代は夫の康雄と結婚し、正白町に一戸建てを購入した。

30年ローンで建てた夢のマイホーム。

 

「これから幸せになるんだわ」

 

紗代はそう信じて疑わなかった。

 

正白町に引っ越した次の日、町内会長さんが挨拶に来てくれて、

岡野夫妻の歓迎会を開いてくれることに。

 

二人はありがたく参加することにしたが、康雄は仕事が忙しく、

歓迎会当日は紗代が一人で参加することになった。

 

これが二人の運命を変えることになる……。

 

「正白町にようこそ!」

紗代の歓迎会はなごやかなムードで始まった。

 

紗代は久しぶりの日本酒に喜び、ぐいぐい飲んでいた。

 

「お、奥さんイケる口ですな」

「お酒がおいしいものですから」

 

「紗代さんみたいなきれいな奥さん羨ましい」

「私なんてもらってくれた夫には感謝してます」

「夫を立てる謙虚さ、ウチの嫁にも見習ってほしい」

「ウチなんて人間扱いされているか怪しいですよ」

 

そんな感じで宴会を楽しんでいた時、

町内会長から町内会内での係について話があった。

 

「町内会に入会した方々には何らかの役職についてもらってるんです。」

「奥さんにはぜひ『町内性処理係』になってもらいたい。」

「今でいう『肉便器』ですな」

 

そういうと紗代の隣に座っていた男たちは紗代に触り始める。

 

ある男は太ももを、もう一人は乳房を揉みだした。

 

「やめてください!」

紗代がそう言っても男たちは触るのを止めない。

 

「私もうかえり…」

紗代が帰ろうとするやいなや、男からディープキスされてしまう。

 

「離して!」

しかし、紗代が男たちを振り払うと服がはだけ、紗代の乳房が露わになってしまった。

 

この後も、紗代は男たちからアソコを攻められたり、

夫には言えないようなことをされてしまうのだった…。

 

「あぁ、康雄くんと来ていればこんなことには…」

そう言いながら次第と濡れ始める紗代。

 

「濡れてるじゃないですか」

「素直になりましょうよ」

 

紗代は夫の康雄以外とほとんど経験がない。

 

「違う、そんなはずは…。」

「奥さんは旦那さん以外の男でも感じるいやらしい女なんですよ」

 

「旦那さんも奥さんがちょっといやらしい女の方が喜びますよ」

 

(康雄くんも喜ぶの…?)

 

(もうよくわからない…。感じていいの?)

 

「ああああああああっっ」

紗代は気持ちよさと罪悪感の間で揺れていたが、

ついにイッテしまった。

 

康雄とのセックスでも感じたことのない快感。

 

あまりのショックに逃げ出そうとするが、

イッテしまいふらふらの紗代。

 

町内会の男たちに抱きかかえられ奥の部屋に連れて行かれてしまった…。

見どころ

紗代の爆乳が露わになって、もみくちゃにされちゃうところが良かったですね。

「奥さん、濡れてますよ」

と言われた紗代が自分を疑い始め、

「ほかの人で感じてもいいの?」

と戸惑いながら最後イッテしまうところなんて最高でした。

 

しっかりヌキどころを用意してくれるあたりさすがです。

 

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
1話タイトル

奥さんの役職は『町内性処理係』です

1話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 2話

「先ほどの様子だと奥さんは『町内性処理係』にぴったりのようだ」

町内会長が下半身をあらわにした紗代に言った。

 

「もっと感じたいんでしょう?」

「そんなこと…。」

否定しながらも初めてのイッタ感覚が忘れられない紗代。

 

(気持ち…よかった)

これが紗代の偽らざる気持ちだった。

 

「本来は性処理係が欲求にこたえる側なんですが、

今日は仕方ないですなぁ」

町内会長はそう言いながら紗代のアソコにち〇ぽをあてがう。

 

康雄より大きいち〇ぽに興味を隠せない紗代。

セックスは取り返しがつかないと思いながら、

さっきより気持ちよくなれるかも、と考えてしまっている。

 

「やはり奥さんはセックスがご所望のようだ」

そう言うと一気に紗代に突き刺した。

 

町内会長のち〇ぽはすんなり紗代に入っていった。

 

紗代は感じていないと強がるが体は素直に反応している。

「あっ…ああ…っ。感じてなんて」

 

「素直になりましょう」

 

(康雄くんとのセックスより感じてる…?)

(いけないことなのに…)

 

(どうしてドキドキしちゃうの?)

 

紗代は自分の感じ方が変わったことを指摘され、
さらにいやらしい音を立てる。

 

ズチュッ、ズチュッ、ズチュッ

 

紗代は感じたくないという言葉と裏腹に、
康雄のことを考えるとさらに感じてしまっていた。

 

(会長さんのものが入っている部分に集中してしまう…。)

 

(こんなのダメなのに、ダメなのにぃ…)

 

(私、本当にいやらしい女だったの…?)

 

「いいですな。奥さんなら立派な『性処理係』になれますよ」

 

「そろそろ射精しますよ」

そう言うと、会長は紗代の中に出すという。

 

「なぁに、すぐになれます。」
「これからたくさん中出しされるんですから。」

 

ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ

 

町内会長にたっぷり出された紗代だったが、
今までにないほど感じてしまったようだ。

 

「ごめんなさい、康雄くん…」

 

新たな感覚に目覚め始めた紗代。

正白町での生活はどうなっていくのか…。

見どころ

下半身が露わになった紗代のカラダがキレイでしたね。

「奥さんなら立派な『性処理係』になれますよ」
と言われた紗代はまんざらでもない様子。

今まで感じたことのない気持ちよさに、
紗代の理性が負けた瞬間を見た気がします。

最後、町内会長さんに中出しされても喜びを感じるほどになっていて、
町内会長じゃなくても今後の性処理係としての活躍を期待してしまいました。

早く3話が読みたい衝動にかられましたね。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
2話タイトル

夫以外のモノで中に出されて…

2話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 3話

歓迎会に出来事は康雄に言えなかった紗代。

歓迎会の数日後、商店街に気分転換の買い物に出かけました。

 

しかし、気分転換とはならなかった…。

 

歓迎会での出来事がビデオに撮られていて、
町内会の男たちに出回っていたことが分かったのです。

 

ビデオのことを康雄にバラすと脅されて、
お店の裏手に連れて行かれてしまいました。

 

「一度抜いてくれればいいからさ」

 

そう言われ紗代は早く終わらせたい一心で口に咥えました。

 

(見た時から思ってたけど、大きい)

(康雄くんのはもっと小さくて、皮も被っているし)

フェラは初めてする紗代は康雄と比較している。

 

そんなことを考えていると、
「奥さん、10分で終わらせないと罰ゲームね」

 

フェラをするのが初めての紗代は男を気持ちよくすることができない。

 

男のアドバイスを受けながら一生懸命フェラをする紗代。

 

「気持ちいいよ、奥さん」

そう言われると紗代はなぜだか嬉しい気持ちになった。

 

頑張った甲斐もあり、男をイかせることができたが、
お掃除することを含めて10分以内でやらなきゃダメだと言われる。

 

罰ゲームだ。

 

ちょうどその時、肉屋の店主がやってくる。

 

「ちょうどいいところに」
「なるほど、この人が例の」

こうして罰ゲームはダブルフェラになった。

「下手って聞いてたけど悪くないね」
「指導してやったからねぇ」

今度は二人分の精液を飲めなかったらまた罰ゲームらしい。

「いつまで続くのかしら、何も考えられない」

「はやく終わらせないと」

 

次から次へのやってくる男たち。

 

やっと解放された紗代は買い物もできずに家路につく。

 

康雄くんに話して楽になりたい。
でもそんなこと話して関係が壊れてしまったら。。

紗代はそんな悩みを抱えながら日々過ごすのだった…。

見どころ

町内会の店先でフェラをする羽目になった紗代。

フェラが初めてだというのも良いですね。

不慣れながらも男を気持ちよくさせることに少しずつ喜びを感じているようで、
その気持ちの変化に紗代自身戸惑っています。

段々男たちが寄ってきて、最後にはトリプルフェラになってしまいました。

トリプルフェラの時に紗代が股を開いて座っているのも細かいですがエロい描写でGOOD。

紗代さん、経験値が爆上がりですね笑

もう康雄くんに相談できる状態ではないのもうなずけます。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
3話タイトル

商店街に来た私はみんなから…

3話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 4話

今日は町内会のお花見の日。

紗代は乗り気ではなかったが、
夫の康雄が参加するというので仕方なく参加することに。

 

「夫の前では何もしてこないだろう…。」

 

そんな紗代の希望は宴会開始30分で打ち砕かれた。

 

元々お酒が弱い康雄は仕事の疲れもあり、眠ってしまったのだ。

 

さっそく紗代は町内会長からバックで攻められることに。

しかも康雄の目の前で…。

 

「それにしても奥さんが性処理係になって頂いてよかった」

 

町内会長が言うには以前よりセックスがうまくなってきたらしい。

それは紗代が性処理係を受け入れ楽しみ始めているからだという。

 

「そんな…。私は黙って受け入れるしかなかったのに…。」

 

そう思った紗代だったが、いつもより感じている自分に気づく。

 

「旦那さん、起こしてみます?」

!?

 

突然康雄を起こすと言われ、紗代はより強い快感を感じてしまった。

 

(そんな。。こんなことで感じてしまうなんて)

「バレるのが怖かったからびっくりしただけ」

「奥さん、正直になりましょう」
「この締め付けはごまかせませんよ」

町内会長はなおもバックから突き続ける。

 

康雄にバラされそうになるたびに、膣の締め付けがきつくなるようだ。

 

ああっ、見ちゃダメぇぇ!

「奥さん、そんなに大きな声出したら起きてしまいますよ」

 

(ああ、どうして声が出てしまうのかしら…。)

声を上げないとドキドキしてしまう紗代。

 

どうやら康雄にバレると考えるとドキドキが強くなるようだった。

 

「奥さん、素直になりましょう」
「奥さんがド変態でも我々は受け入れますよ」

 

町内会長に言われ紗代はさらに快感を強めた。

 

「あああっ!」

 

体勢を変えた紗代は康雄にまたがる形になる。

 

「康雄くん、見ないでぇ!」

 

さらに大きな声をあげる紗代。

もはや周りが見えないほど感じている。

 

「康雄くん、起きちゃダメぇぇぇ!」

 

新しいトビラを開いてくれてうれしい、
と町内会長はつぶやいた。

 

「気持ちいい。どうして…。」

 

途中康雄が起きそうな反応を見せた時も、
気持ちよくなってしまった紗代。

紗代は康雄に自分の痴態がバレそうになると
より感じてしまうのだった…。

見どころ

町内会の花見で初めて紗代の夫康雄が登場しましたね。

康雄はすぐ寝てしまうのですが、夫の前でするセックスにドキドキしてしまいました。

紗代もその状況に興奮を覚えたようですね。

いつもより気持ちよくなっていたようです。

康雄にバレそうになるときの声の大きさと締め付けを体験してみたい。

新たな性癖に目覚めた紗代さん。

他にはどんな性癖を持っているのか気になります。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
4話タイトル

お花見会で夫がいるのに…

4話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 5話

紗代は花見の時に康雄に自分の痴態がバレた可能性に悩んでいた。

そんな時に町内会長から新たな指令が下る。

 

性処理係による回覧板だった。

 

なんでも、町内会には引きこもりの住人がいるらしく、
各家を回って性処理してこい、という。

 

嫌がる紗代だったが、康雄にバラされると脅され仕方なく回覧板を回すことに。

 

書かれている住所を訪ねると、玄関先で早速始まってしまった。

次々に回らないといけないからという理由らしい。

 

「なんですか、これ」

初めの住人からはメイド服を渡され、着替えさせられた。

 

紗代はメイド服のまま玄関先で犯されてしまった。

 

「私のいやらしいマ〇コに中〇ししてください、といえ」

男の卑猥な要求にも応える従順な紗代。

 

初めのころは抵抗していたのに、今では素直に言うことを聞くようになっていた。

 

この男はメイドに乱暴することに興奮するタイプのようだ。

 

(これなら町内会長さんの方が…。)

(あ!)

紗代は康雄より先に町内会長のことを思い浮かべてしまったことにショックを受けてしまう。

 

「あぁ、ダメだ、このまま中に射〇するぞ!」

(ダメよ、中〇しなんて、絶対ダメ)
(でもなんですぐに拒めないのかしら…。)

もうなにも考えられなくなっている紗代。

「中に出してください!ご主人様ぁぁ!」

 

自分から卑猥な言葉を出してしまった紗代。

 

段々とセックスに慣れているようだった。

 

次の家では制服姿で犯されてしまったが、
学生時代のことを思い返し、
学生の頃はエッチな世界は他人事だと思っていたことを思い出す。

(学生のころ、康雄くんとエッチしていたら何か変わったかな?)

そんな康雄のことを考えながら他の男のち〇ぽを受け入れることで、
物凄い快感を得られることにうすうす気づき始めた紗代だった。

見どころ

今回は町内会ということで回覧板というアイテムが出てきましたね。

性処理係が町内を回ってセックスしてくれるなんて引きこもりには夢のサービスです笑

またついに紗代が自分の性癖に気づき始めます。

その性癖を認められるかどうかが今後の展開の大きなテーマですね。

紗代にはさらなる変態っぷりを見せてもらいたいです。

それにしても紗代の爆乳メイド姿はエロ過ぎです。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
5話タイトル

回覧板のハンコは膣内に…

5話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 6話

回覧板を回し終えて家に帰ると、町内会長さんが待っていた。

回覧板の最後は「自宅」になっていて、町内会長が仕事っぷりを確認するという。

 

紗代はまだ制服姿だったことに気づかなかったが、
町内会長は性処理係が板についてきたと感じているようだった。

 

自宅なので、康雄と一緒に寝ているベッドでセックスすることに。

 

今康雄が帰ってきたら一発でバレてしまう状況。

そんな状況に紗代は強い快感を覚えているようだった。

 

「奥さん、セックスが上手になりましたねぇ」
「楽しむ余裕が出てきましたよ」

そう言われ、紗代も自分自身納得していた。

(確かに色々わかってきた。)
(町内会長さんが私を丁寧にイカそうとしていることも。)

 

「旦那さんにバレるんじゃないかと気にしているとバレますよ」

「旦那さんのことを考えながらセックスできるようにしないといけません」

 

紗代が康雄のことを考えるとひときわアソコが濡れだした。

 

「旦那さんのことを考えたら濡れるなんて理想の夫婦ですなぁ」

 

紗代は康雄を思い浮かべてする町内会長とのセックスを止められずにいた。

 

「康雄くん、ごめんなさい!」

「あなた以外のち〇ぽで私イッちゃう!!許してぇ!」

 

これまでにない快感を覚える紗代だった…。

見どころ

今回は町内会長さんと紗代のベッドでセックスの回でした。

康雄との愛の巣でするセックスに紗代はハンパなく感じてしまったようです。

紗代の制服姿で犯されるシーンも見どころですね。

前回からですが、紗代が感じてしまったタイミングで思わず出す大きな声に私も興奮してしまっています。

ホントにエロいので見て欲しいですね。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
6話タイトル

ここはあの人と寝てるベッドなのに…

6話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 7話

康雄と二人で夏祭りに来ていた紗代だったが、
早速性処理係として駆り出されてしまう。

 

「夫といたのになんてこと…。」

「若いのが盛るので人手不足なんですよ」

 

康雄とはぐれる形でテントに引きずり込まれた紗代。

テント内にはほかにも女の人がいる。

 

背面座位で突かれている紗代だったが、
テントの外で康雄が紗代を探していることに気づく。

 

康雄は町内の女性に話しかけられナンパされるが、
妻を愛していると言い即答で断っていた。

 

「旦那さん、いい人ですねぇ。」

テントの中で男が紗代に言うと、

「私が愛しているのもあの人だけ」

と紗代。

 

しかし、そんな康雄に対して悪いことをしていると思えば思うほど感じる紗代だった。

 

「あ……、ああああああっ!」

 

その時、

「紗代ーー。」

 

康雄が紗代のいるテントを覗き込んでしまった!

 

「バレた…!?」

(確かに今目が合った…。)

 

そのとたん紗代は一切の快感がなくなってしまったのだ。

 

「奥さん、旦那さんのことは後にして性処理係に集中してよ」

 

しかし、バレたショックで気が気でない紗代。

 

どうしよう。。

 

そう考えていると、康雄がまた紗代を探してテントの近くまで来た。

 

「あれ、バレてない?」

「テントの中は暗いからねぇ、バレてないんじゃない?」

 

バレていないとわかった紗代はまた強い快感を覚えた。

 

そのことで紗代は確信した。

 

紗代は康雄を愛していること。

そして、

その愛が深いほど裏切った時の快感が強くなること。

 

「あはあぁぁん!」

 

その後自分の性癖に確信を持った紗代は、
積極的に性処理係の仕事をするように。

 

しかも、康雄にバレそうな場所で…。。

見どころ

今回はとうとう紗代が自分の性癖に確信をもつ回でした。

旦那にバレそうな状況が最も興奮するなんてほんとの変態さんですね。

それにしても他にも性処理係の女の人がいることがびっくりでした。

やっぱり美人ですので見て欲しいですね笑

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
7話タイトル

夏祭りのテントの中で…

7話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 8話

紗代は康雄と共に町内会の温泉旅行に来ています。

紗代はどんなきわどい状況になるのか温泉に来る前からドキドキしていました。

 

(康雄くんがお酒強かったら私たちの未来は違っていたのかな?)

 

お酒を飲んで早速寝てしまった康雄の前でエッチを始める町内会の男たち。

 

「しかし、この一年でずいぶんかわりましたなぁ」

「あの頃は何も知りませんでしたから」

 

自分の性癖に目覚めさせてくれた正白町の男たちに感謝している紗代。

 

今では康雄にバレそうなセックスに幸せを感じるようになっていた。

 

「町内会の人たちが私を肉便器として教育してくれたの!」

 

康雄に聞かせるように叫ぶ紗代。

 

それでも康雄を愛していることには変わりはないという。

 

そんな康雄を裏切る行為をすることで幸せを感じられるのだという。

 

「ち〇ぽは小さくて包〇で早〇でセッ〇スが下手でも愛してるのぉ」

「そうじゃなきゃこんなに他の人とするセックスが気持ちいいわけない!」

 

もはや紗代はセックスに溺れてしまっていた。

 

町内会の男たちに回されて喜びを感じていた。

 

まわされているときに康雄に気づかれた気もするが、もはや紗代は気にしていなかった。

 

最高に気持ちのいいセックスができたから。

 

温泉旅行から帰ってからも康雄から何も言われなかった。

 

後日、自宅で町内会長とセックスをしていた紗代。

 

「ホントにバレてないんでしょうか」

「康雄くんにバレたら一生セックスで気持ちよくなれないと思います。」

 

紗代は愛する人を裏切るセックスでしか快感を得られない体になっていた。

 

「旦那さんは優しい人だが、これは許せない行為でしょう。」

「だからバレてないですよ。」

 

その言葉で安心した紗代はより一層よがり声をあげた。

 

しかし、本当は康雄にバレていた。

康雄は自宅のベッドで紗代と町内会長がセックスしているところを見てしまったのだ。

 

しかし、そのことを康雄は紗代に言うことはなかった。

実は彼の性癖も愛する妻が寝取られることに興奮する変態だったから…。。

 

END

見どころ

今回は最終回だったので紗代の変態っぷりをたっぷりと堪能できる回になりました。

温泉旅行中何回セックスしたのか気になりますね笑

旅行に来ていた男全員とやったんじゃないかなぁ。

しかし康雄も変態さんだったとは、お似合いの夫婦のようでよかったです。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
8話タイトル

あなたを愛しているから…

8話の詳しいネタバレはこちら>>>

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 感想

「町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~」を最後まで読んだ感想は、

 

「紗代さん爆乳過ぎ、エロ過ぎ、受け入れ過ぎ笑」

「うわぁ、康雄くん、それ見ちゃダメ><」

でした笑

 

 

 

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 見どころ

「町内会には逆らえない」にはたくさんの見どころがありました。

 

 

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 口コミレビュー

『町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~』を実際に購入した人のレビューを一部ご紹介しますね。

 

買うかどうしようかな…と迷っているあなたの参考になればうれしいです。

 

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲

無料立ち読み方法を解説

ここでは町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~の無料立ち読み方法を紹介していきますね。

 

ちなみに町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~を完全無料で読むために、zip、rar、nyaaなどの共有サイト、アップロードサイトを調べてみました。

 

ですが、私が調べたタイミングでは町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~をアップロードしているサイトはありませんでした。

 

また、これらのサイトはウイルス感染の危険性が高いので、利用するのはオススメできません。

(以前Pandoraとかzipとか使いまくってパソコンぶっこわれちゃったんですよねぇ。。。。)

手順1

この記事内にある

無料で試し読みできます

という画像をタップします。

手順2

作品ページに移動するので、

青色のボタンの「無料試し読み

をタップしてください。

手順3

無料で試し読みが始まるのでごゆっくりお楽しみください♪

 

無料試し読みはサイトに登録しなくても利用可能なのでじゃんじゃん読んでみてくださいね。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~ 配信してるサイトは?

2020年1月23日現在、町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~を配信しているのはBookLiveコミックだけとなっています

BookLiveコミックだけの配信だと割高になるんじゃ?、と思われることが多いのですが、
そんなことはないんです。

むしろBookLiveコミックは様々な漫画が無料で読めるキャンペーンをよくやっていたり、
安く売りだしている漫画が多かったりと、何かと使える電子漫画配信サイトなんです。

また、BookLiveコミック登録初月の利用料がタダになるキャンペーンを実施中なので、最大22000円が無料になっちゃいます。

これはヘビーに漫画を読みたい人にはものすごくお得なキャンペーンなので利用するのが良いですね。

もちろん最安のコースを選んでも、その分は無料になるのでご安心ください。

さらにBookLiveコミックはスマホ決済が利用できるので、

すぐに漫画を読みたい場合でもストレスを感じずに済みます。

 

私が今一番愛用している電子コミックサイトです♪

 

楽天、kindleで購入できるのか?

BookLiveコミックがオススメなのはわかったけど、ウチ楽天で本買ってるんだよね~」

「Amazonでは買えないの?」

 

という方も多いのでは?

(実は私も書籍類はAmazon派です笑)

 

しかし結論から申し上げると、

2020年1月24日現在では楽天でもAmazonでも『町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~』は販売されていません。

 

町内会には逆らえない~奥さんの役職は性処理係です~を読むには電子書籍で読む必要があるようです。

町内会には逆らえない
~奥さんの役職は性処理係です~
▼▼下の画像から無料で試し読みできます♪▼▼


▲▲無料試し読みは会員登録なしで利用できます♪▲▲